万が一の時に5,000万円の保証金額がもらえる場合の保険についてご説明致します。
お子様のいらっしゃって高収入の方、お子様が2人以上いる方などへおすすめです。

はじめに

お子様が2人以上いらっしゃるご家族や、高収入の方などは保険を有効活用し ましょう。万が一の時の保障金額は5,000万円くらいをひとつの目安にしてお 考えいただけると良いかと思います。
万が一の時に残されたご家族の生活費やお子様の教育費などがそれなりに必要 になってくるかと思います。貯蓄タイプの保険を利用して、手堅い運用意識で加入するのも良いでしょう。
万が一の時の保障金額を高めに設定して、可能であれば貯蓄するという感覚でお選びいただくのが良いのではないでしょうか?掛け捨てタイプ、貯蓄タイプがございますので、自分のお考えに沿って貯蓄タイプ、掛け捨てタイプを考えてみては如何でしょうか?
それでは、保障金額5,000万円の場合の掛け捨てタイプ、貯蓄タイプの保険について比較してみましょう。

5,000万円の保障金額を目安にどのような設計にしますか?

保障金額を5,000万円を目安にした場合に、貯蓄タイプの保険と掛け捨て*タイプの保険では保険料*が大きく異なってきます。
掛け捨てタイプは一般的な定期保険と収入保障保険という2パターンのタイプをご紹介致します。万が一の時の保険の保険料は必要最低限としてお考えになるか、貯蓄もお考えになるか月々の保険料や貯蓄タイプの返戻金などを考慮して選択することが大切です。将来、お子様に必要な教育費や残されたご家族の生活費などを考えて最適なものをお決めいただくのが良いと思います。

最適なプランは?

保険料は安く設定したい

掛け捨てと呼ばれる定期保険*がオススメです。
保障金額がずっと一定の一般的な定期保険と、保障が徐々に下がる収入保障保険の2種類がございます。
お子様の成長に伴い、教育費などの必要なお金は減少していきます。ご自分のお考えに沿ってどちらの商品が合っているかご検討下さい。

一般的な定期保険(30歳男性の場合)

毎月の保険料 : 約5,900円

収入保障保険(30歳男性の場合)

毎月の保険料 : 約4,200円
※ ご年齢、性別、お体の状況、保険会社の商品によって保険料は変わります。上記保険料はあくまで目安です。

貯蓄はしておきたい

貯蓄をしながら保障が得られる終身保険がオススメです。
終身保険はその名の通り、身が終わるまで一生涯5,000万円の保障が続きます。貯蓄タイプなので保険料は高いです。お金が必要になった場合は、解約するとお金が戻ってきます。 教育費などが必要になった場合の手段としても有効です。

終身保険の仕組み(30歳男性の場合)

加入からの期間でどれくらいのお金が貯まってる? 支払った保険料の何%くらいが戻ってくるのでしょうか?

毎月の保険料 : 約100,000円
※ ご年齢、性別、お体の状況、保険会社の商品によって保険料は変わります。上記保険料はあくまで目安です。30歳(男性)終身保険5,000万円60歳払込の例を参考にしています。