万が一の時に1,000万円をお受け取りになれる保険についてご説明致します。
独身の方、お子様がいらっしゃらないご夫婦などにおすすめです。

はじめに

お子様のいらっしゃらないご夫婦や、独身の方などには、万が一の時に1,000万円くらいをご用意出来る保険に加入することが一つの目安になります。
月々お支払いする保険料は掛け捨てタイプか貯蓄タイプによって大きく異なりますが、ご自身の収入と相談して、保険にあてられるご予算からお決めになられてはいかがでしょうか?
保険料のお支払いは継続して支払い続けることがとても大切です。
そのためにも無理のない保険料を設定しましょう。まずは万が一の時の保障を第一に考えて、余裕があれば貯蓄系の保険にする、という考え方が宜しいかと思います。
実際に保障金額1,000万円の時の掛け捨てタイプ、貯蓄タイプの月々の保険料の目安を調べてみましょう。

1,000万円の保障金額、貯蓄タイプと掛け捨てタイプどっちがお得?

1,000万円の保障の場合、掛け捨てタイプの保険と貯蓄タイプの保険で、保険料や保障内容などの違いを比較してみましょう。ご自分の将来設計や月々のお支払い可能な金額から最適なものをお決めいただくのが良いと思います。

どっちがお得?

とにかく安いのがいい!

掛け捨てと呼ばれる定期保険がオススメです。 定期保険はお手軽な保険料で保障を得ることが出来ます。 お金は貯まりませんが、保険は保険と割り切って考える方には良い商品です。

定期保険の仕組み(30歳男性の場合)

毎月の保険料 : 約1,800円
※ ご年齢、性別、お体の状況、保険会社の商品によって保険料*は変わります。上記保険料はあくまで目安です。

お金を貯めたい!

貯蓄をしながら保障が得られる終身保険がオススメです。 終身保険はその名の通り、身が終わるまで一生涯1,000万円の保障が続きます。
またお金が必要な時は、この保険を解約するとお金が戻ってきます。老後の資金を準備する手段としても有効です。

終身保険の仕組み(30歳男性の場合)

毎月の保険料 : 約19,600円
※ ご年齢、性別、お体の状況、保険会社の商品によって保険料は変わります。上記保険料はあくまで目安です。30歳(男性)終身保険1,000万円60歳払込の例を参考にしています。

万が一の時の保障金額の目安